HOME > ステップワールド英語スクール開設者の声 > 塾・英語教室型 吉田スクール小松教室

ステップワールド英語スクール開設者の声

ステップワールドとの出会い
石川県小松市 吉田スクール小松教室
吉田 多美子

ステップワールド英語スクールと出会ったのは、1996年のことでした。
その当時は、旺文社LL教室という名称でした。私達の年代では、「旺文社」というと、学生時代に愛用した「赤尾の豆単(マメタン)」で馴染み深くとても懐かしい名前でした。「LL」ということばも、学生時代に良く耳にしたことばでした。

その当時、私は英会話スクールを始めてちょうど2,3年目で、どこの会社からも教材を購入せず、自分で年間計画を立て教材を作りプリントして、授業をするという、今思うとかなり大変な作業をしていました。そんなときに旺文社LL教室との出会いがあったのです。

レーザーディスクで音声と映像を駆使して授業ができるという画期的なシステムでした。今では、DVD等がとても身近ですが、その当時はレーザーディスクで授業ができるシステムは、大変珍しいものでした。

私が契約に踏み切ったとき一番感激したのは、当時担当の久保田さんが、契約終了後に言われた「さあ、これからですよ。私達が教室を応援します。私の仕事は契約まででは無く、契約後に始まります。」と言われたことでした。
担当の方に契約が目的ではなく、教室の成功が目的です。と言われ、何と素晴らし会社だと本当に心強く感じたものでした。それ以来、今まで親身になって応援、指導していただいています。

LLセンターと契約して以来、お陰様で教材作りの手間も心配も無く、安心して教室を運営できるようになりました。

今では年に一度のスピーチコンテストも盛大に行えるようになり、これも一重にLL教育センターのスタッフの皆様の暖かい応援のおかげと感謝しております。

写真は昨年度のスピーチコンテストの集合写真です。

ページのトップへ

このような方々に導入・開設をおすすめしています

より適した英語教材を選びたい方

教室事業に「子ども英語教室」を加えたい方

英語力をいかして、子どもに英語を教えたい方

地域に貢献したいと考えている方

ステップワールド英語スクールはココが違います

開設・導入までの流れ

設立の経緯

開設者の声

ステップワールドの教材をご覧ください